愚生~第2幕~

毎日がスペシャル・・・ではないんですが。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

満員電車は今日も重く

こんばんは。足の痛みはやっぱり次の日には引きました。岩城です。

なんでしょうね、たまに突然来ませんか?裂けるような痛み。

なに?歳だって?いやいや、小さな頃からあったもん。

え?小さい頃から歳だって?
スッゴい矛盾があるけど、それ言われたら何も言えねぇや。







早朝の冷え込みに、冬は間近まで来ているんだなぁと感じます。


僕は朝早い時間帯に家を出ることが多いので、それなりに着込んで行くのですが、

帰る頃には、その格好じゃ暑かったりするんですよ。

電車の中も暑いし。

だから温度調節のしやすい服装で…と思うのですが、これがどうも僕は下手なようで。

「着たら暑い、脱いだら寒い」がよく起こります。



なんかいい方法無いですかね。


オススメのアイテムとかあったら教えてください。


最近は専ら「諦める」という方法をとっています。

なんの解決もしてません。


助けてください。

助けてください。



そんでは。


いわき
スポンサーサイト
  1. 2010/11/16(火) 07:06:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

no title

わかってる。知っている。

君のことは、全部。







何をしたわけじゃない。

君と僕の、いつも通り。

それなのに今日、君を傷付けた。

いままでだって何度もあったのに、また今日も。









わかってる。君に無理をさせていること。

知っている。君が頑張ってくれていること。

君と歩いた何百万歩の道程は、

僕と君だけが知っている。

歩くことに疲れた君を

僕だけが、知っている。



だからこそ、君を傷付けた今は

こんなにも、辛いのだろうね。








それでも、僕は歩くのをやめない。

君は黙ってついてくる。

僕は君を庇いながら、僕は歩く。

引き摺られるように、君はついてくる。

いつも通りの道に疲れた君を連れて、

いつも通りの道を、今日も歩く。



またいつもみたいに、明日には元気になっているだろうから。

今まで何度も繰り返した、僕らのいつものパターン。






飽きるとか、慣れるとか。

全てを超越して、僕らはこれからも側に居る。



これから歩く何千万歩の道程は、

君も僕も、まだ知らない。




君が側に居る。

その幸せを踏み締めながら、今日は君を引き摺って歩く。









なんにもしてないのに、急に足が痛くなってビッコ引いてる俺の唄。

終わり。


いわき。
  1. 2010/11/10(水) 18:29:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F1並のスピードで

過ぎていった10月でした。


いや、そんなことはないんだけど。





おはようございます。岩城です。


10月中に一つも更新をしていないことに気付き、今こうして慌てふためきながらカチャカチャと文章を打ち込んでいる次第です。











ブログってのも難しいですよね。

日記だけど読み物なわけで、どこまで読ませていいのかとか、どこまで書いていいのかとか、
その線引きは、各々に委ねられる訳ですよ。


僕なんかは未だにハッキリしてなくて。何年やってんだって話だけどね。



その「あるのか無いのかわからない線引き」の内側という、限定されたスペースでも、思い付くときは思い付く。俺スゲーってくらい書ける。
大して書きたいこと無くてもホイホイ書ける。
書きながら考えたってそれなりに書ける。


書けないときは書けない。
伝えたいことは山ほどあるのに、言葉にならない。


またね、そういう調子の良し悪しは、その他の活動とも連動してるようでして。

音楽活動もそうですが、家事全般とか買い物とか、果ては食事にさえもヤル気を見出だせなくなる。
これではいかん、と、このようにして無理矢理にでもブログを更新してみたりするわけです。

ここを突破口に、ドバババーっとヤル気がわいてくるイメージを持ちつつ、通勤の電車の中で他愛ない文章をカチャカチャするのです。

今日もがんばるぞー。

おー。





では!
  1. 2010/11/06(土) 07:45:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。